サッカーに必要な筋力トレーニング

サッカーは下半身を使う事が多いので、下半身全体のトレーニングは欠かせないです。ボールを蹴る動作で主に使われるのが大腿四頭筋や軸足を安定させる大殿筋はもちろん、走ったり切り返したりする動作を絶えず行うため身体を急に止めるための急ブレーキの役割をしている下腿三頭筋やハムストリングの筋力も必要です。

相手と接触する時には、上半身の筋力も必要です。背柱起立筋や腹筋群等を鍛えて、相手の選手に負けない身体を作ります。ボールを蹴る動作は太ももの筋肉だけではなく、身体を支えるお尻や脚を大きく振るための股関節回りの筋肉も重要になります。

良いパフォーマンスを発揮するには、鍛えておきます。力強いシュートをする場合、パスと異なって脚を大きく振り上げる事が多いです。お尻の筋肉である大殿筋や太ももの前の筋肉である大腿四頭筋や骨盤の中を通っている腸腰筋の筋肉が、主に使われます。

特に大殿筋は蹴る前の大きく振り上げる時に使われるだけではなく、軸足を安定させるために関わる重要な筋肉です。軸足のバランスが悪いと、強いシュートを打つ事が出来ないです。腸腰筋は蹴る時に大腿四頭筋と同時に力を発揮するので、重要な筋肉になります。

なので、腸腰筋も大殿筋と同じように、鍛えていきましょう。

HMBゼリースリムの通販